水原一平氏に思うこと

ブログ

水原一平氏はギャンブル依存症だった。

いつギャンブルを覚えたか判明することで依存度の深さも分かると思います。

大抵は大学時代とか若い時に覚えるのだけれど、どっぷりハマる人はそういない。

それなりの素質があるからだと私はふんでいます。

生まれ育った時から身近にギャンブルがあったはずです、もしくは遺伝か。

そこは不確かだけど環境因子であることは間違いないです。

知ったかぶった書き方をしている理由はですね、身近にギャンブル依存症の人がいたから。

氏の挙動がまさに全く同じで、フラッシュバッグしたわ。

息を吐くように嘘つく氏にコメンテーターなどが驚いているのを見ていると「ギャンブル依存症の人を知らないんだな。」と感じました。幸せな事だよ。

あれが普通なんだよね(笑)

わきの甘い嘘を平気でつけるようになるのがギャンブル依存の怖さですけど、氏には20年の懲役が待っているわけで、刑務所の中での待遇がどうなるのか氏も戦々恐々じゃないだろうか。

東洋人はモテるそうだし。

あとの祭りですけどね(;’∀’)

 

とにかく、ギャンブル依存症の人とは結婚しない方が無難です。

あ、ギャンブルする人は出会った時に自分がそうであるとは絶対に言いません。

なかなか見破れませんが、見破るコツはあります。

1人になりたがる(笑)

デートよりギャンブル打ちたいから。

もちろんデートでパチスロ行こうとか言うのもあるけどね。

タイトルとURLをコピーしました