人間も婚活業者も二極化して混在している

ブログ

結婚したいと思っている方と独身を通そうとしている方と2種類あると思っているのなら、それは大間違いで、①本当は結婚したいと思っているけど諦めている「独身を通そうとしている方」と②本当は結婚したいけれど理想の相手が見つからないので、見つかるまで「独身を通そうとしている方」と③結婚は出来るスペックだけど独身でいたいので「独身を通そうとしている方」…

 

③の場合は年を重ねると婚活し始めたりするんですが…。

 

クドクドと書きましたが、独身を通そうとしている人は本当はこれだけじゃ留まらない程の理由を抱えていまして、もっとクドくなるから敢えて書きません。

 

つまり、こういう人が結婚願望がある人に混じって生息しています。

 

その生息数が増えてきている昨今だし、仕事は忙しい一方ですし、普通に出会うって本当に難しくなってきていますよね。

 

真面目な人ほど出会いが遠のくのではないでしょうか…

 

婚活中の方はご苦労されていると思います。

 

 

基本的に、色んな理由はあるけれど冗談でも独身でいいや、と言っている人は相手にしないで良いです。

理由は敢えて書きませんが、婚活中の人とはそもそもベクトルが違います。

 

 

これは婚活業者も同意で、会員さんから集めた会費をそっくり広告費に回す、その広告に釣られてやってくる会員さんからお金を頂戴する、それを活動費に回さず(つまり頂くモノだけ頂いて会員を放置する)そっくり広告費に回す。

 

何を目的にお金を取っているのか、ちょっと分からない。

 

そんな訳で混在する世の中です。判断が難しい時代になりました。

 

2極化の怖い所ですねぇ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました