もう一度身辺整理をしよう。明けない夜は無い

ブログ
婚活市場に普通の人はいません。
今日も荒川 和久 : ソロもんラボ・リーダー、独身研究家のコラムを読んでいました。
とても参考になるんです。
独身女性は是非読んで欲しいです。
だけど覚悟して読んで欲しい。だって絶望するかもしれないから。「考え方にこんなにも乖離があるのか!」と。
そんな貴女に既婚者は異口同音に言うのです「そんなことも知らんのか。」と。
そして貴女はうなだれながらこう思う…「もう無理なのだろうか…。」

ここね、おかしいと思いません?
誰一人として立場の違う人の心に寄り添おうとしない。
これが今の現状なんですよ。個の時代だの自由を謳歌しようだの後遺症として「ポジショントークしかできなくなった。」のです。
かつで独身だった人も今はその時の気持ちを遡って、独身の貴女の気持ちなんて分かってやろうなんて気が起こらないんですね。

なぜかって、そんな場合じゃないからですよ。

世の中を見てください、コロナ一色で明日のクイブチを探す人が路上に溢れているんです。
しかもですね、去年から始まったコロナですけど「ちょっと頭を捻ればこうなる事は予想できた。」はずなんです。
だから頭も気持ちも切り替えて、パートナー探しをしておくべきだったんですね。
荒川さんも言っておられますが「(貴女も含めて)婚活市場に普通の人はいません。」から腹を括ってこの一年を乗り切って欲しいと思うのです。それ位厳しい一年になるんですよ。
この一年をどう乗り切るかで老後が決まると言っても過言ではないと言い切ります。
 
ただ、5年先はベーシックインカムの実験が始まるかもしれないし、一生独身もアリです。
だから5年先くらいまで踏ん張れ、頑張れ。
タイトルとURLをコピーしました