これからの婚活業界の傾向と対策

ブログ
アプリか結婚相談所か普通の出会いか
ペアーズは有名ですよね。
婚活アプリと銘打っていますが、出会い系です。
ネーミングセンスが良いから流行ったのではなく、うまく洗脳出来た結果です。
経営センス抜群ですごいと思いました。
ただ問題も多いのは事実で、実情は売春目的と犯罪目的と普通の出会い目的がミックスになっていまして、明確な審査が無いので会員さんの素性が分かりません。
結婚相談所も怪しいっちゃー怪しいと思いました。
変な経営者も多いし、誰でも開業出来るので情報を売ってる所もあるかもしれませんし。

最近は外国人女性を斡旋する結婚相談所は増えました。トラブルも多いと聞きます。
永住権とお金が目的なので気を付けましょう。
普通に生活していても犯罪に巻き込まれる時はありますので、常に注意は必要ですね。
お金を掛けないか掛けるか
お手軽に出会いを探すなら、地道に出会いを探すべきだし王道だと思うんです。
だけどそれは苦手です…無理です…
ぶっちゃけ、お金を掛けても掛けなくても出会う時は出会います。
人生はチートだったり苦難の連続だったり、その人の努力次第でどうとでもなるものですし、考え方次第です。
ただ結婚詐欺は確実に増えると予想します。
コロナ禍で不景気の本格化は来年です。
ある所から貰おうとするのが人間の性ですからねぇ。困ったもんです…
結婚した途端手のひらを返される確率が高くなると思います。
従来の結婚のイメージが変わる
この仕事をしていて良く出会うタイプの人が「事実婚」をしている人。
結婚していないけど、ながーく一緒に生活していてお互いを「嫁」「旦那」と呼び合います。
生活費は折半で子供がいない場合が多いです。
二重生活か?と思いきや、本当に事実婚なんですね。
女性の方が大らかな人が多く、形態は気にしない人です。
じゃーご主人は外で遊んでいるかと言えば、男はみんな同じなのでソコソコ…って事なんでしょうか。
病気になったら助け合っているし、共通の趣味を持って休日はともに過ごしています。
別居婚もいます。公務員で転勤がある夫婦でしたねぇ。
家事をやらされないというメリットに羨ましいと思いました(笑)
結婚を敢えてしない・興味ないという人もいます。1人が好きなんですね。子供は欲しくないとか。
こうして考えると、2021年からは「好きに生きる。」がテーマ化しそうです。
働き方も変わるし、仕事を幾つも持つ人も現れます。
固定観念に囚われると流れに乗れないと思いますよ。
結婚相談所でも成婚が目的ではなく、出会いが目的になりそうです。
タイトルとURLをコピーしました