【仲人放談】興信所は必要か?

ブログ
日本以外で周知の事実だったこと
 
 
橘玲「言ってはいけない残酷すぎる真実」を読んだことがある方はご存じだと思う。
 
衝撃的な内容で、この本は相当売れた。
 
 
 
要約すると「身長・体重・知能・依存症・精神疾患・犯罪」これらは遺伝らしい。
 
日本では人権保護の観点から環境要因か遺伝なのか等の議論さえ行われない。
 
昔からあった差別の話を今でも引き摺っている国なのだから一種の呪いかもしれない。
 
ワタシは会員さん達や無料相談を受けた方達が「高学歴・高収入・高身長・美人or男前」希望と言われる判断は勘もあるんだと思う。
 
人間も動物。その方がイイに決まっているだろうと細胞レベルで判断しているはず。
 
昔々、結婚するとなるとお相手の親御様が人知れず興信所に行って、どんな人物なのか調べる習慣があったのだけど。
 
今でも時々耳にします。やっぱり気になるらしい。
 
実際、こっそり調べられていたという男性が結局破談になったという。
 
理由は聞けなかったけれど、相当悔しかったことだろう。
 
貴方自身は真面目に暮らしてきたのに、アナタの先祖がやらかしていたんですね。
 
何にも悪くないのに。
 
 
これも耳に入った話で、十数年前に関西圏で子供を殺してバラバラにした事件が起こった、調べてみたら犯人の母親の親戚が福岡で同じくバラバラ殺人を起こしていたそうな。
 
偶然か?必然か?
 
真実は誰にも分からない。
 
 
でももし自分のルーツを分かっていたとしたら、未然に防げるメリットはある。
 
知らんぷりしたり黙っているよりイイし、日々を修行と思って心身を鍛錬すればいい。
 
 
貴方の血を受け継ぐ者達が煮え湯を飲まされる運命を歩まされるかもしれないのだ。
 
心して生きよう。
 
代々受け継がれる、貴方の功績も汚点も。
 
そして遺伝になんて負けてはいけない。
 
貴方自身は貴方の力でいくらでも変わる事が出来る。
 
 
ワタシの父はギャンブル依存症だ。
 
ワタシはそうはならなかった。
 
でも投資はやってる。んーーーーーーーーーーーーーーーーー…?
 
出生前診断【NIPT】
THEO+docomo
 
タイトルとURLをコピーしました