【仲人放談】自由を求めた先にあるのは孤高か孤独か。

ブログ
天国か地獄か
 
 
 
以前と景色が変わった。
 
朝から博多区辺りを歩いているとスーツ姿の人よりTシャツにサンダルの人が増えたような気がする。
 
これは想像でしかないのだけど、スーツ姿で仕事をする人が少なくなったこと、リモートワークが増えていること、それと仕事を失った人が増えたという事じゃないだろうか。
 
コンビニの周囲でタバコを吸う人はいなくなったけれど、道端に座りこんでボーっと行く人を眺めている男性を何人か見た。
 
彼は自由に見えるけれど不自由さをより多く感じるし不憫そうだ。
 
 
 
若い時に不自由をどれだけ乗り越えてきたかでその後の自由度が変わってくるの。
 
働いてお金を蓄えてたら自由になれるというのも大間違い、お金持ちになってもっと寂しくなった人はいるし不自由で家に閉じ籠る人もいる。
 
結局お金を貯めてばかりで信用を貯めていないから。
 
 
 
結婚が不経済と言い張っている人はただ単に結婚経験がないから仕方ないと思う。
 
結婚したら愚かだったと腑に落ちるはず(サイコパス以外は)だから是非結婚は一度経験してほしいな。
 
何度もいうけど、お金ばかり貯めても人生では何も得られない。
 
でも誰かと一緒に貯金するって活動は意義があるし楽しい。苦しいけど楽しい(笑)
 
 
 
うつろな目で行く人を眺めるその道端の男性は、若い頃、結婚が不経済と思っていたのかな。
 
今の状況が良いとは思っていないだろうけれど、後悔もしていないのかもしれない。人の目なんて気にしていないし。だったらそれも人生だと思う。
 
彼の事を気にもしない通りの人達。彼には信用もなくお金もついでにない。
 
 
その自由は不自由の始まり。そう脅すと気付いてくれるかな。
 
不自由は自由の始まりとも言える。禅問答みたいだけど真理なのね。
 
つまり答えはアナタの中にあってアナタが決めるって事なのです。
 
この話、なんとなくヤバい…と感じたら、婚活のはじめ時です。
 
変身しましょう。お手伝いいたします。
 
タイトルとURLをコピーしました