【仲人放談】マーケティングは大切。マーケティング力に負けない力も大切。

ブログ
広告費を掛けている会社には気を付けよう。
 
 
 
コロナ禍だからテレビを観ていますけれど、CMはどれも内部留保の豊富な大手の会社しか見かけませんね。
 
そんな中、あるアパレル会社の洋服が目に留まりました。
 
とても素敵に見えたので実物を見に開店している店舗に足を運んでみることにしたんです。不要不急の外出です。
 
入場制限と厳重なコロナ対策で大手の凄みを感じましたけれど、CMで見たそのお洋服はそれはそれは陳腐でして、娘も「こんな皺くちゃ無理。」と買わずに帰宅したのでした。
 
ハンガーに吊るしてあった新品ですよ?
 
予想なのですが、客寄せパンダ的な狙いがあったのかもしれないです。もしくはネットでのリベンジ消費狙いとか、店舗に来たついでに違うアイテム買って欲しいとか。
 
つまりですね、「露出の多いものに騙される人向けのCM」って事なんですよ。実際騙されているわけで。
 
 
目立つものに惑わされてはいけない。
 
テレビを付けたらコロナの話ばかりですよね。
 
今日になって緩和しようかどうかみたいな内容になってきてます。
 
経済的打撃を考えたら弱者なんて切り捨てないとやっていけないよね、充分やったしね、って方向に国が舵を切り始めたと感じます。
 
よーくテレビを観てたら変だなって思いませんか?
 
海外のニュースの露出が減ったでしょ?
 
敢えて流さなくなったという事です。ここ重要ね。
 
日本より海外の、特に欧州の経済状況が極端に悪くなっているのですが、ここを画像も交えて放映すると日本人は不安でしょうがない状況になると思うんです。
 
国を動かしている人達が敢えて出さないと判断した訳ですよ。
 
 
なんでだと思う?
 
 
考える癖をつけないといけません。
 
 
露出が多いから正しいとか、露出が多くて大手だから重要なんだとか、それは大きな間違いです。
 
 
 
「突出効果」というのですが、飛び抜けた特徴が必要以上に注目を浴びてしまう事を上手く利用しているんです。
 
選ばない貴方は間違っていると思わせる。
 
特に昨今の日本人は熟考する時間を作らなかったからですね、考える癖が無くなってしまいました。
 
コロナで忘れていた事を思い出した人も多いと思います。
 
この機会に自分を棚卸しして下さい。何が本当に必要なのか不必要なのか、考えてみましょう。
MC介護のお仕事
doda
 
タイトルとURLをコピーしました