【仲人視点】岡村隆史さんは結婚出来ない人なんです。

ブログ
男性なら皆おなじ事を考えている部分がある(言わないだけで)
 
 
 
 
岡村隆史さんのラジオ放送中での発言が大炎上しておりますね。まぁ当然です。
 
内容を読んで吐き気を覚えたのは私だけではないでしょう。
 
女性の殆どが嫌悪する対象になりました。
 
公人と言ってもいい彼が公共の電波を通して人権問題的発言をしたのですから、世間の罰を受けるに値すると私も思います。
 
 
でもね。
 
 
男性なら(口に出すまでもないけれど)少なからず「新入りの子が入った」というサプライズは喜ばしい事ではあります。
 
処女性を重んじる国の雄なのです。
 
 
ただ。コロナ禍で失職した、家を失った子を手ぐすね引いて風俗堕ちするのを待っていると捉える事が出来る発言に関しては断じて許しがたいし、普通の男性でも「それはあんまりな発言だ。」と流石にプンスカしているんですね。普通言わねーよ、って。
 
 
さて、ここからです。仲人視点で少し申し上げようと思います。
 
 
私も仲人。「風俗慣れした男ってのは見抜けます(笑)」まぁ、殆どのオッサンは風俗行くけどね(笑)
 
 
風俗に行く人は2通りいると思っていて…
 
 
①素人の女性に縁がなく仕方なく風俗に来ている人。
②単に女好き。

 

①はモテない人に多い。②はモテる人も含まれます。

岡村隆史さんは①と②の両方なんですね~。

この2通りの男性が風俗に通う内に変身していくんでありますよ。

 
金さえ払えば好きに出来る→通う内にパターン化してきて新鮮味が足りなくなる→女の子を変えるか、場所を変える

 

問題はここ。快楽を追っかけてる節がある。見境なくなってきてるように感じます。

正常な男性が風俗に通うようになるのか?って疑問が沸きません?

 

それに発言の中で「コロナ明けたらなかなかの可愛い人が、短期間ですけれども、美人さんがお嬢(性的サービスを提供する店員)やります。これなぜかと言えば、短時間でお金を稼がないと苦しいですから」

分析始めちゃってるんですよ(笑)

 

立派な性依存です、結婚出来ない人間だなーって感じます。

 

上に書いた①と②を持ち合わせていて、新しい美人の子がそろそろ入ってくるぞと予想を立てるぐらい必死になっていて、女性蔑視発言・差別発言になるかどうかも考えずに嗜好が好き勝手に炸裂しているも分からない頭おかしい人になっていたら、ですよ。

 

無理でしょ。普通に。

 

実はこの女性蔑視体質・差別体質の男性って一見して見抜きにくいのです。イケメンでもそうでない人でも普通にいるんです。

聡明でもそうでなくても、お金持ちでも貧乏でも、どこの世界にも存在しています。

そうなる原因は複合的でこうと言えない難しい部分なので、解決の糸口は未だに見つかっていないのは今の世を見ればわかる事でしょう。

一緒になったら地獄です。気をつけましょう。

 

まさかお見合いの席で「風俗行ってますか?」って聞けませんしねぇ。聞いた所でハイと答える奇特な男性はいないと思われ。

結婚したいって女性がどんどん減って行く。岡村隆史さんの罪は重い!

 

今度は風俗堕ちする女性に向けて改善策を書いてみようと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました