縁を切るべき人達の特徴

ブログ
WITHコロナ禍で判明した「付き合ってはいけないタイプ」
 
 
新型コロナの蔓延は収まりそうにありませんね。
 
専門家は2022年まで燻ると言っておりましたが、私も同感です。
 
むしろもっと長いかもしれない…今日は変わりゆく時代の中で私たちがあるべき姿を模索してみたいと思うんです。
 
 
だってこのブログは独身向けですからね。
 
独身の方の人生設計のお手伝いを出来たらといつも思うんです。
 
まぁ大抵は言うことを聞いて貰えないのですけど(-_-;)
 
 
さて、フェーズ変わりました、と何回か書いております、もう日本は様変わりしました。
 
新しい時代の幕開けで、どういう自分であるべきか、どう生きていくべきか腰を据えて考えていかないといけない。
 
お金を貰ってもしたくない仕事はすべきで無いし、ストレスを家族や友人や恋人にモロにぶつける人も増えてくるのではないかと思います。
 
つまり本性がむき出しになりやすい時代と言えます
 
 
ここで「こういう人と付き合うべきではないな。」という幾つかの点を上げたいと思います。
 
 

■縁を切った方が良い人間の特徴■

①会話が噛み合わない。
②幼稚
③金銭感覚がおかしい(浪費)
④人のせいにする
⑤過去を捨てられない
 
 
①と②については、実は学歴と大きく関係があります。
 
本を読むか否か、文字を書くか否かで言語能力が全然違ってきます。
 
それは価値観の差とも言えるかもしれません。
 
テレビばかり観ている人が政治・経済の事を語れませんし、スマホでゲームばかりしている人が未来を見据えた話をして的を得た指摘は出来ません。
 
60代前後でも幼稚な人は多いのですが、とりあえず大学に行けば就職できた人達の病理とも言えます。
 
座っていたらお給料がもらえる時代は終わりました。
 
 
③については申し上げる事もないと思います。
 
熟年離婚、コロナ離婚もそういった理由が内在しております。
 
「稼げるか稼げないか」というご主人の話ではなく、どうやって乗り切るか、という具体的な会話が出来ないのが問題です。
 
お金の知識、金融の知識が有ると随分楽ですよ。
 
 
④と⑤をみてください。
 
結婚できない理由でもあります(-_-;)
 
結局自分で何も解決できない人が独身として残っているような気がしますねぇ。
 
元々ひとりが良いのかもしれないですよ。そこは見極めが肝心です。俯瞰しましょう。
 
 

縁を切られない為にすべきこと■

①勉強する
②全体を見る力をつける
③お金の本質を知る
④自分で動ける人になる
⑤未来しか考えない
 
 
タイトルとURLをコピーしました