仲人 Panasonic SD-BM1001でパンを焼く

ブログ
手作りパンを作ってみた。
 
 
 
子供が家にいるので、出来るだけ「生きている内に教えておきたいこと。」を実践しています。
 
今日はパンです。
 
Panasonic SD-BM1001でブドウ食パンを焼くことにしました。
 
材料費を考慮すると市販より高価ですが、無添加なこと、手作りの貴重さを加味すれば「やれることは自分でやる。」精神が根付いてくれるんじゃないかと目論んでおります。
 
子供が料理好きなので親が影響されている所もありますが。
 
 

■Panasonic SD-BM1001で焼く1斤■

強力粉(カメリア推奨) 250g
無塩バター 15g
砂糖 17g
スキムミルク 6g
塩 5g
水 190ml
ドライイースト 1.4g

4,5時間掛けて出来上がったのがコチラ

断面図がコチラ

柔らかくて組織が潰れる…

それにしても、焼き立ての美味しいこと。

直ぐに無くなりました。丁寧に味わって食べて欲しいなぁ(´;ω;`)

だから次をすぐ製作。明日の朝にはナッツ入りの食パンが出来上がります。楽しみだな。

ナッツをもう少し細かくした方がいいのだろうか…まぁいいや。失敗してもそれも楽しい。

料理はキライな人はお母さんが料理嫌いだったりする。
 
料理が苦手とか嫌いな人は身近な人が楽しんで料理をしていなかった場合が多いです。
 
私は料理が苦ではありません。寧ろ好きです。母の背中を見ていたからかな。
 
食べて喜んでくれるのが嬉しいじゃないですか。自己犠牲とか思いませんけどね。
 
そして、私の子供も料理好きです。
 
これは大変重要な事で、料理だけでなく読書や勉学、その他の習慣も大抵親譲りになるんです。
 
それを知っていたので、敢えて、いつもより増しで家事をやってますし、楽しくやりますし、その姿を沢山見せてます(笑)
 
どんな大人になるのやら…。
 
ちなみに料理好きな女性はモテます。成り上がりたいのなら勉強もだけど、料理が出来ると良いですよ。
 
私も紹介しやすいです。だって喜ばれるから~。
 

タイトルとURLをコピーしました