【仲人婚活】幸せになりたい人への3つの提言

ブログ
平和ボケしてませんか?
 
 
 
子供が1人いたのですが高校入学を無事果たせたというLINEをご本人から頂いてホッとしている所です。
 
1人で生きて行く事を15歳で決めた人間もいれば、いつまでも親の加護の元、幸せに暮らしている大人もいます。
 
私がその子に出来る事は今持っている全ての情報を提供し、今後の備えとして出来る事をやるよう提言させて頂きました。
 
大人の話を熱心にメモを取りながら聞く16歳に、このブログを読んで下さる方達はどう思われますか?
 
 
自己憐憫はもうやめよう。
 
亡くなった親の前で、この子は夢を語り必ず実現すると誓ったそうです。
 
その声が届いたかどうか分かりませんが、もう前を向いて歩き始めています。
 
亡くなった友人も悲しみを引き摺るなという遺言を私に残しました。
 
これは死を乗り越えろという意味だけではなく、努力では抗えなかったあらゆる不幸について囚われるなと言っているのです。
 
今回の友人の死を取り巻く登場人物に自己憐憫している者はいません。
 
幸福に向かって走り始めています。
 
新型コロナウイルスの脅威と戦いながら、経済破綻という恐怖と戦いながら。
 
 
視野を広く取ろう。
 
まだ16歳。狭い世界から急に大人の世界に投げ出されてしまったこの子ですが、私は大人と同等に扱うようにしています。
 
大人見習い。
 
亡き友人もきっと賛同してくれると思う。なぜなら故人もサバイバーだったから。
 
社会活動と学生活動を両立出来ない時は、遠慮なく先輩方に甘えるとイイです。
 
プライドが高い程、人に教えを乞わない人程、目的達成からは遠のくもの。
 
大人見習いの16歳は様々な経験を今から波のように受ける事になるでしょう。
 
スポンジのように吸収して、きっと視野の広い大人になるはずです。
 
 
言い訳をしない。
 
大人見習いは言い訳をしません。凄い精神力です。
 
結果が全てである事を16歳にして理解しているようです。
 
抗えない事もあるのだと。母はよく頑張ったと思うと。
 
大人の皆さん、どうですか?
 
うちの子にも爪の垢を煎じて飲ませたい(-_-;)
 
 
人のせいにしている暇はありません。
 
招いた結果を自分を主軸にして考えて行く事です。
 
PDCAは子供でも知っています。
 
 
俯瞰してください。
 
努力ではどうにもならない事はあります。それを悲観してもどうしようもありません。
 
その後の行動で全て貴方の責任となるのです。
 
 
私もこれから生活の全てを見直して、新しいステージに向けて頑張っていきます。
 
皆さんと一緒の活動で成長させて頂けたら嬉しい限りです。
 
 
今回の話はこれで閉めさせていただきます。ありがとう。
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました