【お見合い】結果を早く出すことが間違っている理由

ブログ
人はなかなか本性を出せない生き物です、特に日本人はね。
 
 
 
会員さんに、沢山の人と会って!何度も会って!と提案しています。
 
 
なぜって、お見合いの相手をプロフィールの写真でほぼ決めています。
 
 
あとは年収とかのスペックですけど、大義的にいうとココって余り意味が無いと思っています。
 
 
本当に大切なのは相性だから、パッと見だけで決めてしまうのも、ちょっと会っただけで決めてしまうのも結果的に無駄な行動になってしまうと考えるからです。
 
 
相性って数回会って判別するモノではありませんよね?
 
 
(どっちにしても会って貰わないと始まらないのでプロフィール写真って凄く大事なの訳ですけど、これはいずれまた)
 
 
 
最初の印象が強く残る。
 
 
何方も初対面ですもの、正装をして相手に失礼のないように作り込んだ自分で対応することになりますよね。
 
 
ここで大切なのが「外見で9割決まる。」
 
 
次も会ってみたい、そう思った時点で「野生的な勘が働いているので相性としては悪くない。」と私は判断しているんです。
 
 
例え作り込んていたとしても、ね。生理的にダメって訳ではないのだから。
 
 
ここで押さえておきたいのは「脳の記憶領域は狭い」ってこと。良い印象だったのが会わないでいるとどんどん薄らいでいくのです。忘却の彼方に。
 
 
数年経てば、会った事あったかな?ぐらいの薄情さで(笑)
 
 
「あんまり印象が良くなかったのでもう会いたくないです。」という場合もありますが、それでも私はもう一度会ってみる事をおススメしています
 
 
お相手の固い印象が崩れて良い部分が出せている事を期待して。
 
 
お相手の方にもウチの会員を再確認して貰うイイ機会でもあるんです、「本当のドコロ、どう?」という機会を意地でも作りたい。
 
 
2回目に会ってやっぱり無理!となったらご縁が無かったということかな。
 
 
あぁ、やっぱり私の勘は間違いなかったなぁと再確認出来て、一歩進めたという事ですね。
 
 
速やかに次のお相手を見つければイイだけの話なのでネガティブになる事は全くありません。進んだんですよ!
 
 
つまり1回会っただけでこうと決めつけるのは時期早々。人を見る目を養う、コミュニケーション能力を付ける訓練も兼ねていると思って下さい。
 
 
4回会って親近感が生まれたら結婚を考えよう。
 
 
ちょっと会って相手を決めつけるのはダメだという話をしました。
 
 
何回かあって「こういう人」と決めつけるのもダメだという話をこれからします(笑)
 
 
会ってる内にどんどん印象が変わると思うので、「途中で投げ出してはいけない。」と伝えます。
 
 
だから結婚相談所は複数のお付き合いを許しているんですね。
 
 
時間を共有するなかで、色んな表情を見せるお相手をまるでパズルに当てはめるように貴方の中で作り上げていく作業が大事になってくる。
 
 
3カ月ぐらい掛けて時間を共有出来ていれば、親近感が生まれ、最初の印象をまた違った感覚を持つと思います。
 
 
私達の出会いってなんだったっけ?もはやどう出会ったかなんてどーでも良くなっている頃だと思います。
 
 
そうなったらそろそろゴールが近い。
 
 
ここでお見合いした最初の印象に戻ってもらいたいんです。親近感がプラスされて相乗効果が生まれていると思います。
 
 
最初の印象は記憶の奥底に、お付き合いの積み重ねと培われた親近感の方が記憶にインプットされ続けていく、結婚そのものに違和感は無くなっているんです。
 
 
3カ月を長いとみると短いとみるかは個人に分かれますが、それぐらいの期間を掛けて初見の答え合わせ、親近感が生まれるか、作り上げていく事が「こういう人」をより確かなモノとして確認できるようになります。分かって貰えたかな。答えを直ぐに出したらダメだって話。女性は特に結果を早く出したがるからねーーーー。
 
 
 
 
良くないのは「次のデート約束を反故にすること。ないがしろにすること。」
 
 
出会って間もない相手で記憶のパズルをさてこれからって時に自ら作ろうとしない事です。
 
 
これは「努力の正当化」で年を重ねただけなのに自分の判断は間違っていないという過ちを犯している証拠。
 
 
 
私も仲人をしながらコンサルタントをやっています。
 
 
会ったばかりの人を「これ」と決めつけると大失敗するんですね。
 
 
言葉一つ、表情一つを見落とさないよう注意深く観察しています。
 
 
長い期間を掛けて関係構築をするのが人間として生まれたサダメだなんだよ、と自戒も込めて書き締めくくります。
 
 

ダンディハウス_脱毛

タイトルとURLをコピーしました