【田舎の嫁不足】根本的な解決法を模索してみる②

ブログ
 
自治体が婚活に補助金を出さない。

②親御様が余りに勉強不足です。

③昭和の文化は捨てなさい。

④姥捨て山という文化はある意味で賢明だった。

⑤これからの有るべき「嫁の受け入れ態勢】とは…

 

 

 

 

 

田舎に嫁不足だけの問題ではありません。全国的に既婚者が減ってきておりますが、社会現象というからには社会的な何かが原因でこんな事態になったという事なのですね、それについて考えられた事はありますか?

 

コンビニが出来たせいで嫁がいなくても生活出来るようになったという人もいます。

 

男女雇用均等法が定着したお陰で、女性も1人で生きていけるようになったからだという人もいます。

 

会社の中で異性が働いている姿を目にする機会は増えていますが、弊害があります。

 

有能な男性は置いておいて、そうでない男性が気になるんですよ、「あんなのを旦那にしたら大変だ。」と。

 

(女性の場合は例え「大して仕事が出来なくても可愛かったら出来る」ので男性ほど苦労する事はありません)

 

「安月給で召使いさせられる、だったら1人の方がマシ」「姑に使いっ走りにさせられるのは勘弁」「小姑が面倒クサい」「離婚するかもしれないなら最初から結婚なんてムダ」「男(女)は浮気するから」

 

色んな理由が出てまいりますが、実はお母さんの愚痴をトレースしているようにしか私には見えません。

 

そうです、育った環境の中で夫婦とか結婚とは如何に悲劇を生むか、両親から学んでいるんです。

 

社会の複合的な理由から既婚者は減っているんですよ。だったら尚更簡単に解決するのは難しそうですよね

 

夫婦仲が悪い癖に子供には「早く結婚しろ」とか言ってもムダです。
 
 
説得力ないじゃありませんか?
 
 
 
夫婦仲の悪い親を見て育ったり、ネガティブなイメージをしか持てないお子様にどうやって「結婚を意識させるか」。
 
 
ここで私の出番となるのかも、と感じた訳です。
 
 
親御様からお子様の性格や嗜好をお伺いし、どうやってアプローチしていくかを共に考えていきます。
 
 
現代っ子がどんな結婚観を持っているか親御様は案外知りませんよね?
 
 
「代理婚」と言って親御様がご本人に代わって婚活をする事が流行っています。今は家族のイベントみたいになっております。
 
 
「親御様プラン」にご加入頂いて、一緒に成婚を目指していただければご納得のいく結婚になるのではと期待しております。
 
 
費用

入会金:30,000円  ①ネットで弊社の会員を検索して月に2人以上ご紹介いたします。
月会費:  3,000円   お子様にお見せして入会やお見合いのお話をしてください(ご指導いたします)

契約期間:6カ月   ②事前に人物についてよく知る事が出来るメリットがあります。お子様が「会ってもいい」言ったら婚活開始同意して頂きご入会となります  

 

受付番号 080-7368-3938 夜22時まで受付可能です。栁田までご連絡ください。お待ちしております。

 

黄金茶

タイトルとURLをコピーしました