角膜フリクテンが出来ました💧

ブログ
パソコン作業やスマホの使いすぎ

 

最近 右の眼の白い所(白目)に直径1ミリぐらいの水膨れが4つかたまって出来てしまいました。

痛みも目やにも無く、でも何だかゴロゴロする…自然治癒しないとのこと。病院どうしようかなぁ…

 

 

資格取得の為の勉強を深夜までやっていたのも災いしたのかもしれません。

睡眠時間を削ってもイイことないなというのが最近の悟りです。

健康が一番です。

 

「父が娘に語る経済の話」をおススメしたい
 
目がゴロゴロしているのに、夢中で読んでしまった本をご紹介したい。
 
ヤニス・バルファキスという経済学者で以前ギリシャの財務大臣だった人が娘に向けて書いた、易しい経済学の本です。
 
投資をしている人、子供を抱えている人が少し先の未来を予測する手解きをしてくれる素晴らしい内容でした。
 
社会で経済がどう作られていくのかを丁寧に分かりやすく専門用語無しで解説してくれています。
 
母である私は教育書でもあると思いました。
 
ヤニス・バルファキスはイケメン💦

どんどん読めます!

読み終わった後は、経済とは何なのか分かった気分です(笑)

 
物質的な欲望はいずれ飽きる
 
例えば、高学歴・高収入の独身男子、イイ車に乗ったりイイ時計を買ったりする人いますよね。
 
それが好きで買いたくて頑張っている人もいます。
 
嗜好の問題ですから。
 
ただそうでは無い人の方が多いのが事実です。
 
 
 
大抵は飽きがくるのだそうですよ。
 
綺麗な女の子もカッコいい男の子も、中身が優れていなければ飽きてしまうのだそうです。
 
だからとっかえひっかえするんですね。
 
ホリエモンも彼女は2年更新していると話しています。
 
 
 
いずれ貴方にもそういう日がやってきます。
 
ブランド物も、高級時計も車も興味が無くなる日が来るんです。
 
富裕層限定の話ではありませんよ。
 
普通に日常を頑張っている人は大抵そうなんです。
 
 
 
そういう人は結婚相談所にふいにやってきたりします。
 
家族を作りに。
 
大きく取りこぼしているのは家族なのかも、と思うのです。
 
 
 
ヤニス・バルファキスも「最初で最後の分かりやすい経済書」を娘の為に書きました。
 
執筆中がとても楽しい時間だったと書いてあります。
 
愛する者の為に使う時間がどれだけの価値があるか、貴方なら想像出来ますよね~。
 

 
 
 

Tマガジン

タイトルとURLをコピーしました