【婚活】運命の人はいる、らしい…【赤い糸】

【婚活】運命の人はいる、らしい…【赤い糸】
 

博多の結婚相談所

YNG結婚相談所 柳田です

オカルトだと信じない方もいると思いますが、赤い糸ってどうやらあるようなのです。

出会うべくして出会う人がいるのですから、婚活中の方には朗報だと思いますし、私も喜ばしく思うのですが、いつ現れるのかが気になる所ですね💧

今日は全然モテなかった男性の話をしたいと思います。

これは先輩仲人さんから聞いた話で「運命の出会いってある」という不思議なお話です。

 

お見合いが1年出来なかった男性の話
 
ある男性が結婚相談所に入会されました。
 
スペックは余り良くなく、見た感じも何処か自信なさげな感じ。
 
先輩仲人さんは少し心配だったそうです。
 
本人は結婚願望がある、でも自信が無い…女性とお付き合いした経験も余り多くは無かったということでした。
 
実際に活動に入るのですが、お見合いを申し込んでも申し込んでもオコトワリ。
 
お見合いが出来ない状態が進み、ご本人の落ち込みようも凄まじく「婚活鬱」を発症します。
 
最初は頑張ってお申込みをしていたのですが、だんだんとやる気を失い、1年を迎える頃にはほぼ連絡も来ないようになっていました。
 
先輩仲人さんはメールだけは送っていたそうです。
 
しつこいメールの甲斐あって(笑)、その男性が久しぶりに女性にお見合い申し込みをしたそうです。
 
活動2年目に入る頃でした。
 
先輩仲人さんは喜んだそうです、また頑張って活動してくれると。
 
数日後、お見合いOKのサインが入り、喜々とした先輩仲人さんはその男性会員さんに「OK」のお知らせをメールしました。
 
喜んでくれると思ったのですが、「気まぐれだろう」と男性会員んさんは完全に貝になりかけている状態に。
 
先輩仲人さんはケツを引っぱたいて励まし(笑)、何とかお見合い会場を決めさせ、お見合いに挑むことが出来るよう何回も面会をしモチベーションを上げさせ当日に備えました。
 
 

 

それは急にやってくる…
 
先輩仲人さんは心配で仕方なかったそうです。
 
お見合いに行かせたものの、上手くいってないかもしれない…天に祈る気持ちで男性会員さんからのお電話を待ち続けました。
 
待ち合わせの時間は昼3時。1時間位でお見合いが終わるので、電話が来るのは5時~か夜か~…
 
時計ばっかり見ていた日だったそうで…(むっちゃ分かる!!!この時、親の気分なのですよ。も~ソワソワしますから💦)
 
待てど待てど電話は来ず…アカンかったか…と諦めていたそうですが、夜お電話が来たそうです。
 
「彼女と結婚したいです。」
 
は??
 
ちょ、ちょ、どうした!!!!
 
何があった???
 
 
昼3時~夜8時
 
待ち合わせ時間:2人は会い、ホテルのラウンジで挨拶。お見合いスタート。
 
5時半:話が弾み、いつの間にか2時間半。「お腹空いたし、晩御飯食べましょうか?」と何方ともなく阿吽の呼吸で。
 
夜7時半:近くの定食屋で夕食を済ませ、帰る方向も利用する交通機関も同じなので一緒に帰る。改札口でお互い別れる際に、2人ともが「またね~」と手を振った
 
夜9時半:先輩仲人さんへ報告の電話(風呂入ってユックリしてますって言ってたらしい。変な余裕)
 
 
出会ってしまった2人
 
男性会員さんの話だと、最初はとても緊張したのですが、いざ話始めると「初めて会ったとは思えない程自分が穏やかになっていくのが分かったし、余裕が生まれた。」そうで、お相手の女性も初めてあった気がしなかったと。
 
時間を忘れて話し込んでしまい、ラウンジを出る頃はお腹すいたなぁと気兼ねなく言い合える仲になっていたそうです。
 
改札口で二手に分かれる瞬間がとても寂しかったと。また会えるから良いかとも思ったと。
 
勿論、女性からもその後お付き合いOKを貰い、さっさと連絡交換を勝手にやって、まぁ色々勝手にやってしまい(笑)
 
あっと言う間にご成婚✨
 
後半は仲人要らんやないかーいという…(笑)
 
 
お世辞にも男前とは言えないけれど…
 
関係ないんですよ。見た目って。
 
女性で時々「イケメンでないと…」って人がいますけどね。
 
悪い事だとは思いませんが、運命を避けて通っている気がしますね。
 
お相手の女性は何回もお見合い経験のあるベテランさんだったそうですが、運命の出会いが出来たと喜んでいるそうですよ。
 
こういう話ってこの世界に入って初めて聞きましたし、「運命はあるのよ。」と力説する先輩仲人さんを見て、私は信じるようになりました。
 
考えたら、夫と出会ったのも20歳の時。
 
腐れ縁とも言えますが、運命といえば運命。それを逃さなかったのも私の腕(笑)
 
下らないプライドや見栄でせっかくの良縁を縁遠くしてはいけませんよ。
 
 
ちなみにこの話のカップルさんは今も仲良く暮らしているそうです。
 
「大切なのは嫁さん」と恥ずかしがる事なく言いふらしているそうです、尻に引かれて嬉しそうですよ(笑)
 
いつまでもお幸せに~~
 

 
 

友だち追加

ツイッターもやってます。

タイトルとURLをコピーしました